医療訴訟が起きる理由

近年、医療事故、医療トラブルが原因となり、医療訴訟になるケースが増えてきています。
なぜ現在それが増え続けているのでしょうか。


1990年ころは約350件ほどだった医療訴訟は10年後には倍増し現在では900件ほどにも上ってきています。
現代はテレビや雑誌などによるマスコミの報道やインターネットによる情報などにより、さまざまな情報が得やすくなっているのも引き金になっているといわれています。
黙って泣き寝入りをするよりも、出るところに出てはっきりとさせる。
そんな世の中になってきているのです。


決して勝訴率は高いわけではないのですが、故人の思いを伝えたい、気持ちを大切にしたい、死の本当の原因を突き止めたい、本当の真相はどうなのかを明らかにしたい、 また社会に自分が受けた被害を訴えたいなどそれぞれの強い気持ちで訴訟を起こす方が増えています。
手間も費用も掛かり、大変な時間がかかります。
そして精神的にも苦痛を受けます。
それでも訴訟が増えてきています。
今多くの割合の医師がいくつかの医療訴訟を抱えていると言われています。
これは本当に大変な時代となってきているのです。


医師は患者とトラブルとなった場合はまずはきちんと患者さんの話を聞くこと、何が不満なのか、疑問なのかを把握すること、そしてちゃんと説明をすること、患者側もきちんとその説明を聞くことはとても大切なことです。
医療トラブルの対処というのは今大変重要なことになってきているのです。


<注目サイト>
弁護士がB型肝炎の給付金請求訴訟と手続きの方法を教えてくれるサイトです・・・B型肝炎 訴訟

Copyright © 2014 医療訴訟が起きる理由は? All Rights Reserved.